学生がクレジットカードを作るにあたって知っておきたいこと

リボ払いに注意

クレジットカードで買い物等をして利用すると、その代金の支払い方法を指定できます。

支払い方法には、一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い、ボーナス一括払い、などがあります。

そのクレジットカードによって、選択できる分割払いの回数が若干違います。だいたいは、2回分割と3回分割は用意されています。

ボーナス一括払いについては、用意されていないクレジットカードもあります。

一括払いとリボ払いは、どのクレジットカードも用意されています。

ここで、注意したて頂きたいのは、分割払いとリボ払いには、手数料という名の利息が発生するということです。

多くの場合、実質年率15.0%前後の手数料となっています。

実質年率15.0%だとすると、10万円の商品をクレジットカードで購入して、
月々1万円ずつの返済にすると、手数料6,875円、総額106,875円となります。
月々5千円ずつの返済をすると、手数料13,120円、総額113,120円となります。

この手数料を高いと感じるか、それほどでもないと感じるかは、個人差があると思いますが、私の個人的な感覚では高いと感じるので、私は絶対にリボ払いにはしません。

クレジットカード会社は、リボ払いにしてもらうと、手数料という利益を得られますので、リボ払いにするとポイント2倍とか、今からでもリボ払いに変更できますとかの案内をメールで送ってきます。

クレジットカード会社からすると、リボ払いで得られる手数料があるので、ポイントを2倍にしても痛くもかゆくもないのです。

それと、リボ払いが怖いのは、例えば、リボ払いの月々の返済額を5千円にすれば、いくらクレジットカードで買い物等をしても、毎月5千円だけ支払えばいいということで、クレジットカードで買い物をすることにお金を使っているという感覚が麻痺してしまうことです。

そして、気づけば数十万も使っている、という事態になったりします。

例えば、30万円を月々返済額5千円のリボ払いで買い物をしてしまうと、返済回数は50回、手数料は83,115円、返済総額は383,115円にもなねのです。

手数料が83,115円ですよ!

そして、返済回数が50回ですから、4年以上もかかる! ということです。

ですから、リボ払いで買い物をするのは要注意なのです!

できれば、一括払いで買い物をするようにしたいものです。

ちなみに、買い物をしたときに、レジ等の店頭で支払い回数(支払い方法)を聞かれますので、その時に、「一括で」とか「リボで」とか言えばOKです。

一括払いで買い物をしても、後日、リボ払いに変更することもできます。

支払いの基本設定を「リボ払い」にしていると、レジ等の店頭で「一括で」と言っても、自動的に「リボ払い」になります。

なぜこのように「リボ払い」にしやすくしているかというと、先ほども述べたように、クレジットカード会社にとって手数料という利益を得られるからです。

このようなことをしつかりと踏まえて「リボ払い」を利用するかどうかを判断されるといいです。