学生がクレジットカードを作るにあたって知っておきたいこと

そもそも学生にクレジットカードは必要なのか?

このウェブサイトをご覧の方は、学生をしていて、クレジットカードを作りたいな、持ちたいな、と思っているのだと思いますが、親御さんにしてみれば、「そもそも学生にクレジットカードは必要なのか?」と思っているかもしれません。というより、思っていると思います。

でも、ネット通販が当たり前になっている今、学生でもクレジットカードで決済すると手間が省けますし、その他の場面でも、意外と学生生活を送る中でクレジットカードを使う場面が増えていますよね。

例えば、通学で電車を使う人はクレジットカードで定期券を購入すれば多額の現金を用意しなくていいですし、SuicaやPASMOを利用している人はクレジットカードからチャージすると便利だしポイントも貯まります。

また、海外旅行や海外留学をする人は、海外ではクレジットカードが必需品です。

ただ、若いからクレジットカードを作ると使いすぎてしまうのではないかと心配になるものなのです。若いとそれだけ購買意欲は高いですし、クレジットカードがあれば、現金が手元になくても買えてしまうので、ついつい使いすぎてしまうのでは、と思うものなのです。

そもそも、クレジットカードで買い物をするということは、一時的にでも借金をして買い物をするということなのです。カードで買い物をするとその借金をして買い物をしているという感覚がありません。

社会人でもその借金で買い物をしているという感覚がなく、使いすぎてしまう人がいて、挙句の果てには自己破産、という人もいるのです。

ですから、お金に関しての自己管理がしっかりできることを説得し、学生でもクレジットカードを持てばいろいろと便利なんだということを伝えることが必要です。

また、学生時代からクレジットカードでの買い物等の管理がしっかりできるように経験をしていく、というのも、一方で必要なことだとも言えますので、そういうことも伝えて親御さんを説得されるといいのではないでしょうか。

無収入の学生がクレジットカードを持てる理由

そもそも、クレジットカードは借金ですから、借金を返済できる収入がなければ作ることができません。

では、なぜ、無収入の学生でもクレジットカードを作ることができるのか。

それは、クレジットカード入会の際の審査を親権者(親御さん)が受けるからです。つまり、親権者(親御さん)の収入などが審査され、クレジットカードが発行されるのです。

この学生さんのクレジットカード利用代金は、この親権者さんがしっかり返済してくれるだろう、ということで発行されるのです。

また、クレジットカード会社側のメリットもあります。それは、学生さんの内に顧客として獲得しておきたいからです。

一度その会社のクレジットカードを持つと、卒業後、社会人になっても継続的に使ってくれるのではないか、そうすると、数十年にわたって顧客となってくれるわけですから、早いうちから顧客として囲い込みたいのです。

ですから、学生クレジットカードを発行しているクレジットカード会社は、卒業後、一般カードに自動的に切り替わるようになっています。
(もちろん、一般カードへの切り替えを望まないで、他社のクレジットカードを持ってもかまいません)

このような理由から、クレジットカード会社は、学生さんへのクレジットカード発行はけっこう積極的であるのです。

親の同意は必ず必要なのか?

20歳未満の学生の方は、クレジットカード入会時に、親権者(親御さんなど)の同意は必須です。

20歳以上の成人の学生さんの場合は、クレジットカード会社によって基準が分かれていて、成人学生の場合は同意はいらないという場合と、成人学生でも同意が必要という場合があります。

申し込みたいクレジットカードの入会基準がどうなっているか確かめれば分かります。必ず表記されています。

ただ、成人学生の場合は親権者の同意が必ずしも必要ではない、と謳っている場合でも、親権者の同意がないと、クレジットカードの利用限度額が低く設定される可能性が高くなります。

学生の場合、クレジットカードの利用限度額は最高でも30万円となっています。ほぼ、どこのクレジットカード会社も最高30万円です。それが、親権者の同意がないと、20万円とか、10万円とかに設定される可能性もあるということです。

このクレジットカード利用限度額ですが、親権者の同意だけで上下するわけでなはありません。親権者の同意がある・なしで、限度額の設定に影響しますが、他の要因でも上下します。

しかし、親権者の同意があった方が、ほぼ確実に、利用限度額は高くなるということです。

クレジットカードが発行されたら

クレジットカードが発行されてお手元に届いたら、まず最初にやることは、カードの裏側のサイン欄へ手書きで自分の名前を書くことです。

サイン(署名)は、漢字でも、ひらがなでも、カタカナでも、ローマ字でも、どれでもOKです。書きなれているということで、漢字で書くのが良いと思いますが、それは個人個人で決めてOKです。

ボールペンでもサインペンでも、どちらでもOKです。サイン欄はそれほど大きくないですので、太めのサインペンだと文字がつぶれてしまう可能性がありますので、サインペンの場合は細めのサインペンにするといいです。


このサインをしていないままクレジットカードを利用して、万が一、紛失や盗難でクレジットカードが不正利用された場合、補償されない場合があります。ですから、クレジットカードが届いたら、まずは、サインです。